ブログ

『黒夜行路』の暴力の描写についてーピート・テオ

初日ラストに上映された『黒夜行路』。マレーシアの裏社会を描いたノワールものですが、このジャンルにつきものの直接的な暴力描写は一切描かれません。主演のピート・テオによると、北野武監督の等にも影響をうけているそうです。日本のヤクザ映画とはまた違った味わいのある作品です。あと2回上映される予定ですので、ご興味がある方はぜひ見に来てください!

20150411_2055_DSC4853Rs 20150411_2054_DSC4849Rs 20150411_2049_DSC4841Rs 20150411_1704_DSC4824Rs

映画『黒夜行路』Call If You Need Me

4月15日(水) 16:45
4月18日(土) 11:00

初日、マレーシア文化講座(ごはん編)も大盛況!

初日2本目のプログラムとして『マレーシア文化講座(ごはん編)』がありますが、これがなんと、映画館でごはんを食べながら講座をうけるというのですよw

ナシレマ弁当

こちらもマレーシアごはんに興味津々のお客さんで大盛況です。

20150411_1336_DSC4777Rs

マレーシア料理について語り出すとついつい熱くなってしまう講師の古川音さん!

古川音講師 古川音講師 古川音講師

マレーシア文化通信フリーペーパー<WAU>を発行しているHati Malaysiaから高塚利恵さんと上原亜季さんもかけつけました。

hati malaysia

初日、『細い目』トークで感涙

上映後トークの司会を務める川崎りえさんは初めて観た『細い目』に感動のあまり言葉が出ないほど泣いてしまいました…というアクシデントを経て40分間のトーク時間が始まりました。

20150411_1317_DSC4750Rs

故ヤスミン・アフマド監督の妹、オーキッド・アフマドさんと、ヤスミン・アフマド監督のの姿を描いた『YASMIN HOW YOU KNOW?』の執筆者であるジョビアン・リーさんをゲストに迎えて、たくさんの逸話を聞かせていただきました。

ジョビアン・リー Jovian Lee 20150411_1324_DSC4762Rs ジョビアン・リー Jovian Lee

ヤスミンのことに触れるたびに、涙を堪えきれないオーキッドさんがいました。

オーキッド・アフマド ORKED AHMAD オーキッド・アフマド ORKED AHMAD

オーキッド・アフマドさんとジョビアン・リーさんはほかのプログラムでも登壇します。予定はプログラムのスケジュールをご確認ください:

http://odd-pictures.asia/mfw/program/

Orked Ahmadオーキッド・アフマド
Orked Ahmad

映画監督ヤスミン・アフマドの妹。生前のヤスミン監督に大きな影響を与えた人物。三部作「細い目」「グブラ」「ムクシン」の主人公の名前“オーキッド”は、妹である彼女の名前によるもの。

 

Jovian LEEジョビアン・リー
Jovian Lee

映 画監督ヤスミン・アフマドが働いていた「LeoBurnett」の同僚で、20年以上、仕事を共にしてきた。昨年開設された「ヤスミンミュージアム」の立 上げ、運営を手がけ、また生前のヤスミンの姿を描いた『YASMIN HOW YOU KNOW?』の執筆者でもある。

 

初日、満員御礼!

マレーシア映画ウィークは本日、初日を迎えました。
そして、最初のプログラム『細い目』は満員御礼!ありがとうございました!

本日あと2プログラムあります。明日以降のプログラムは一部前売券完売が出ておりますが、まだ当日券扱っているプログラムもあります。

ノヴァ〜UFOを探して〜:若いときの夢を持ち続ける事について

【作品&登壇者紹介】
※登壇は4月17日(金)13:45の回のみ

ノヴァ〜UFOを探して〜

4月12日(日) 19:30
4月14日(火) 11:00
4月17日(金) 13:45
(トーク&ティーチイン:ハッサン・ムタリブ、シャリファ・アマニ)

若いときの夢を持ち続ける事について、どう思いますか?

地に足をつけろ、現実を見ろ、目を覚ませ・・etc
そうい声もあれば、頑張れ!負けるな、諦めるな!そういう声もあるでしょう。

どちらが正しいとか、どちらが良いとか、わかりません。
それは自分が決める事。

この作品は、きっと監督達が自分たちの活動を、重ね合わせて作ったに違いありません。

そんなマレーシア・ニューウェーブを応援し続けて来け、彼らを見守る一人のマレーシア映画研究者を今回、登壇者としてお招きしました!お話は、ヤスミン監督の多くの作品でヒロインをつとめているシャリファ・アマニさんにお願いしました。

【登壇者紹介】

Hassan Muthalibハッサン・ムタリブ氏

・・・2000年からの「マレーシア新潮」を陰で大きく支えた人物として、ハッサン・ムタリブ氏は欠かせない存在です。中華系、マレー系、インド系、長 編、短編とほぼ全ての上映会に足しげく通われていたほか、メインストリームのマレー映画も多数鑑賞。そしてその映画評をマレーシア映画のE-メールグルー プやフェイスブックに投稿されていました。非常に正直、且つ独特なハッサン式解釈を聞いて、今回皆さんも新たなマレーシア映画の楽しみ方を発見できるかも しれません。
(紹介文:国際交流基金クアラルンプール日本文化センター 久貝京子)

Sharifah Amaniシャリファ・アマニ

・・・細い目など多くのヤスミン作品に主演、また、マレーシア映画ウィーク内では、『ノヴァ』にカメオ出演、『クアラルンプールの夜明け』でヒロイン、リンをつとめています。清純な少女から、悩みおおき女性、そしてシングルマザーの娼婦役まで。。
その多彩な演技力は天性のものなのか努力の賜物なのか。
役に入る瞬間は、天才的なカンの持ち主です。
是非、いくつかの作品を見比べてみてください。

映画『ノヴァ〜UFOを探して〜』
http://odd-pictures.asia/mfw/nova/

「ピートを探せ!」ピート・テオ―マレーシア・ニューウェーブの一角として

★応援団からのひとくち情報★

本日の「応援団からのひとくち情報」はピート・テオさんについてです。
音楽、俳優、プロデューサーと、今回上映する作品のあちこちにお名前を見かけます。
みなさんも、この情報を手掛かりに「ピートを探せ!」
****************************

ピート・テオ
―マレーシア・ニューウェーブの一角として

42歳、インディーズ・ミュージシャンでプロデューサー、俳優、監督。
日本ではマレーシア・ニューウェーブの映画音楽で知られ、「タレンタイム」で数々の名曲を提供したかと思えば、「夏のない年」では雨・風・鳥の声など自然音を中心に物憂い熱帯の時空間を表現。
今回の上映作では「心の魔」「グブラ」の音楽も担当していて、特に「グブラ」では主題歌‘Who for you?’で歌声を聞かせてくれます。

俳優としては、「私たちがまた恋に落ちる前に」「黒夜行路」「Malaysian Ghostly Tales(日本未公開)」で主役のほか、「Rain Dogs」「パパドム」「ナシレマ2.0」などで味わい深い脇役を好演。ある時は裏社会のいなせな兄貴、あるときはコミカルだったり胡散臭かったり。

プロデューサーとしては、同じマレーシア人として人種を超えて理解しあい連帯しようという理念の下、「15 Malaysia」「Mari Malaysia」などをプロデュース。ヤスミン監督の遺志をしっかりと受け継ぎ発展させています。

また意外なところでは、映画の英語字幕の監修をしたことも。仲が良く協力し合って作品を生み出してきたマレーシア・ニューウェイブの、微笑ましいエピソードですね。

ピート・テオ作品
http://odd-pictures.asia/mfw/#pete

  • 15Malaysia (2009,オムニバス,ジャパンプレミア)
    4月13日(月) 11:00(トーク&ティーチイン:ピート・テオ)
    4月15日(水) 13:30(トーク&ティーチイン:シャリファ・アマニ、ピート・テオ)
  • HARI MALAYSIA – “SLIPSTREAM” (2013,MV)
  • HERE IN HOME (2008,MV)

残席が少なくなった『細い目』『タレンタイム』

【残席状況】
以下の上映回について、残席が少なくなって来ております。

4月11日(土)11:00『細い目』
 (上映後トーク&ティーチイン:オーキッド・アフマド、ジョビアン・リー)

4月12日(日)16:30『タレンタイム』
 (上映後トーク&ティーチイン:ピート・テオ)

前売券が完売した場合は、当日券は発行いたしませんので、前売券のご購入をお願いいたします。
なお、『細い目』『タレンタイム』は以下の日時にも上映がございます。こちらの回にもぜひお運びください。

4月13日(月) 16:45 多色字幕版『細い目』
 (上映後トーク&ティーチイン:山本博之)
4月15日(水) 18:45 多色字幕版『細い目』
 (上映後トーク&ティーチイン:シャリファ・アマニ、ン・チューセン、石坂健治、山本博之)
4月18日(土) 18:45 通常版『細い目』

4月17日(金) 11:00 『タレンタイム』
4月19日(日) 19:00 『タレンタイム』

前売り券の予約・購入はこちら:http://odd-pictures.asia/mfw/ticket/

食文化講座 お土産紹介 Part3

4月11日 14時~の食文化講座には、多数のお土産をご用意しています!第3弾は、マレーシアの大手食品ブランド「AYAM」さんより、マレーシアカレーペースト&ココナッツミルクのセットが届きました! 簡単レシピとともにお渡しします。
なお、お土産はすべて「食文化講座」終了後、会場のシアター出口にてスタッフが手渡ししますので、忘れずにお持ち帰りください。

ayam-nyonya ayam-laksa
***
■アヤムブランド

http://www.nbkk.co.jp/product/ayam.php

写真:ニョニャカレーペースト、レンダンペースト、ラクサペースト、こちらの3品から1品とココナッツミルクのセットです。

物販:「ナシレマ弁当」

★物販のお知らせ★

4月11日(土)限定

4月11日、12:30より、マレーシア人がこよなく愛する食事「ナシレマ弁当」をシネマート六本木にて販売します。ココナッツミルクで炊いたご飯に、ピリッと辛いサンバルソースをからめて食べる料理で、小魚の香ばしさ、ゆで卵のまろやかさ、カリッとはじけるピーナッツのコンビネーションが絶妙! ナシレマについて、詳しく知りたい方は、リンク先のCREAウェブコラムをご覧ください。販売価格は500円。80個の数量限定なので、お早目にどうぞ。

creaweb-nasilemak
http://crea.bunshun.jp/articles/-/6839

物販:なまこ石鹸となまこクリーム

★物販のお知らせ★

4月11日(土)限定

4月11日、12:30より、マレーシアのランカウイ特産「なまこ石鹸」「なまこクリーム」をシネマート六本木にて販売します。敏感肌の方も安心して使うことができ、保湿にも効果あるといわれる万能薬。ランカウイに住む人は、この海の恵みを民間療法として昔から活用していました。ちなみに、こちらのなまこ石鹸は、14時より開催の<マレーシア食文化講座>にはひとつお土産に付いてきます。数量限定なので、お早目にどうぞ。

なまこクリーム

「細い目」は、多色字幕版で見ていただきたい理由

★応援団からのひとくち情報★

今回は、マレーシアをこよなく愛し、「マレーシア映画ウィーク」応援してくださってる応援団の方からのコメントをご紹介します。

どれを見ようかと迷われている方!
マレーシアをよく知る視点からのコメントを、ぜひ、参考にしてみて下さいね!

**************************
【多色字幕版・細い目】

「細い目」は、多色字幕版で
見ていただきたい理由が2つあります。

1つは、これが主な理由ですが、通常の回と字幕の内容が違うことです。
通常の回は東京国際映画祭などこれまでの上映と同じ字幕ですが、多色字幕版はマレーシア映画文化研究会、マレーシアの社会事情を知り尽くした映画大好きな 皆さんによるオリジナル字幕です。映画の内容がより原語に近く、深く汲めるようになっており、登場人物の性格も少し違って見えます。
特にジェイソンが親友キオンに電話で打ち明ける「計画」の内容がかなり違いますので、ご注目ください。

もう一つは言語の多様性が目で見られることです。ただし、画面が見にくくならないよう、色数を抑えているそうですので、ご安心ください。広東語・福建語な ど華語の種類や、マレー語の方言までは色分けされていないそうです。そのあたりはQ&Aで説明が聞けるかもしれませんね。

多色字幕版『細い目』上映スケジュール

4月13日(月) 16:45(上映後トーク&ティーチイン:山本博之)
4月15日(水) 18:45(上映後トーク&ティーチイン:シャリファ・アマニ、ン・チューセン、石坂健治、山本博之)

通常版『細い目』

4月11日(土) 11:00<△残席わずか>(上映後トーク&ティーチイン:オーキッド・アフマド、ジョビアン・リー)
4月18日(土) 18:45

掲載情報:『AJ vol.07』7月号

【掲載情報】
マレーシア映画ウィーク、〜アジアと日本をつなぐ ビジュアル・マガジン『AJ vol.07』4/2発売 7月号(4/2発売・ぴあ発行)に掲載していただきました!
しかも、こんなに大きく〜!ありがとうございます。

media-AJ07

http://piabook.com/shop/g/gC9784835624679/

作品紹介:『ムアラフ 改心』

【作品紹介】
ムアラフ 改心 Muallaf

2人だけで暮らす敬虔なムスリムの姉妹が、カトリック学校の講師と出会い、お互いの宗教感・世界観を大きく交差させていく作品です。第21回東京国際映画 祭で、アジア映画賞スペシャル・メンションを受賞しました。真摯に祈りをささげる姉妹のシーンが印象的。日本人の私たちにはあまりなじみが宗教感を体で感 じる(頭で理解するのではなく)ことができる稀有な映画です。
★4月12日 日曜 13:45~
★4月15日 水曜 11:00~
http://odd-pictures.asia/mfw/muallaf/

作品紹介:『15Malaysia』

15Malaysiaは、マレーシアが抱える政治、社会、民族間の問題に無関心な人々に、おしつけがましくなく、関心を与えました。
そしてマレーシアの国の外まで飛び出していきました。

ピートテオの作品には、いつもマレーシアを厳しく見つめ、そして愛する心を感じる事ができます。

エンターテイメントには力がある!!
彼の作品をは、そう確信させてくれるのです。

この映画を是非日本語字幕で見てみてください。

今回、これらを日本語で紹介できることができて、本当に幸せに思っています。

<マレーシア映画ウィーク>での上映スケジュール

4月13日(月) 11:00(トーク&ティーチイン:ピート・テオ)
4月15日(水) 13:30(トーク&ティーチイン:シャリファ・アマニ、ピート・テオ)
http://odd-pictures.asia/mfw/15malaysia/

作品紹介:『15Malaysia』

【作品紹介】
15Malaysia (フィフティーンマレーシア)
★ジャパンプレミア★

2009年 釜山国際映画祭でワールドプレミアを飾った同作品、タレンタイムの音楽プロデューサーでおなじみ、シンガー・ソングライターであり、俳優であり、プロデューサーでもある、ピート・テオ氏が、マレーシアの政治、社会について提言しようと思い立って制作した15人の若手監督によるオムニバス。

ヤスミン・アフマドを筆頭に、ホー・ユーハン、ジェームス・リー、タン・チュイムイ、アミール・ムハマド、リュウ・センタッなど、日本では、東京国際映画祭、フィルメックスなどで紹介された”マレーシア・ニューウェーブ”と呼ばれた監督達が参画しています。

彼らは、時には監督、時には俳優として、お互いの作品に協力しあって、低予算でそれぞれの思想を表現し作品を作りました。

それが、フランスのヌーベルヴァーグを連想させたことから、「マレーシア・ニューウェーブ」と呼ばれたのです。

ピート・テオ、ヤスミン・アフマド、ジェームス・リー、アミール・ムハマドはその中心的人物です。

https://www.facebook.com/15malaysia

Yasmin Ahmad / Ho Yuhang / James Lee / Tan Chui Mui / Amir Muhammad / Liew Seng Tat / Nam Ron / Benji Lim & Bahir Yeusuff / Khairil Bahar / Johan John / Woo Ming Jin / Suleiman Brothers / Linus Chung / Kamal Sabran / Desmond Ng

<マレーシア映画ウィーク>での上映スケジュール

4月13日(月) 11:00(トーク&ティーチイン:ピート・テオ)
4月15日(水) 13:30(トーク&ティーチイン:シャリファ・アマニ、ピート・テオ)
http://odd-pictures.asia/mfw/15malaysia/

【FM fuji】高塚プロデューサー生出演

stadiumrock

もうすく生放送出演!
本日4月4日(土)19時からFM fuji(Tokyo 78.6 Kofu 83)の「STADIUM ROCK」という番組に、「マレーシア映画ウィーク」主催団体ODD PICTURESプロデューサーの高塚利恵が生出演し、ウィークの見どころを語ります。

ラジオがお手元にない方は、スマートフォンのLISMO WAVEで視聴可能だそう。ぜひ、生の声でウィークの魅力を聞いてみて下さいね!

高塚利恵高塚 利恵
Rie Takatsuka

日馬合作映画プロデューサー

映像プロダクション、オッドピクチャーズ代表。インディペンデント映画プロデューサー。日本国内にて映像によるプロモーションの企画、撮影。マレーシアの映像制作プロダクションODD PICTURES MALAYSIAと連携した映像・映画製作など。

上映後<トーク&ティーチイン>豪華ゲスト追加!

<マレーシア映画ウィーク>は映画上映後にもイベントが盛り沢山!国内外ゲストによるトークとティーチインを楽しみにこられるお客さんに速報です!豪華ゲストトークが2本追加されましたー

オムニバス映画『スリードア・ホラーズ』3 Doors of Horrors
4月16日(木)16:00『スリードア・ホラーズ』
上映後トーク&ティーチインに豪華ゲスト追加!

Norio_Tsuruta_sq鶴田法男 Norio Tsuruta

映 画監督。1991~92年に発売したビデオ映画『ほんとにあった怖い話』シリーズが、黒沢清、中田秀夫、清水崇、高橋洋らに影響 を与えた事から「Jホラーの父」と呼ばれる。同シリーズも「Jホラーの原点」として知られて、現在はフジテレビの人気ドラマとして15年を越える長寿番組 に。主な劇場映画『リング0~バースデイ~』(00)、『おろち』(08)ほか。また、毎年11月に開催されている「三鷹コミュニティシネマ映画祭」の スーパーバイザーも務める。

Yoshiaki Washizu鷲巣義明 Yoshiaki Washizu

映画文筆家。70年代にTVの洋画劇場で観た『鳥』や『猿の惑星』他で映画に目覚め、映画宣伝会社を経て執筆業に。雑誌「映画秘宝」「宇宙船」「SFマガ ジン」等の雑誌、書籍、映画パンフレット等に執筆。主な著書に、「ホラーの逆襲 ジョン・カーペンターと絶対恐怖監督たち」(フィルムアート社)、「恐怖の映画術 ホラーはこうして創られる」(キネマ旬報社)など。マイ・フェイバリット作品は、サイレント映画『メトロポリス』『カリガリ博士』、『ゴジラ対ヘドラ』、 『盲獣』、『ハロウィン』(ジョン・カーペンター監督)。


映画『盗人の第二の人生』The Second Life of Thieves
4月14日(火)15:45『盗人の第二の人生』
上映後トーク&ティーチインに豪華ゲスト追加!

TOGARI YASUKO戸加里康子 TOGARI YASUKO

マレーシア語通訳・翻訳者・講師。『旅の指さし会話帳 マレーシア』著者。マレーシア映画好き。仕事に疲れると、マレーシアに逃亡し、マレーシア映画を観ている。


映画『ムクシン』Mukshin
4月17日(金)16:30『ムクシン』
上映後トーク&ティーチインゲスト訂正:
誤:シャリファ・アマニ、シャリファ・アレイシャ
正:シャリファ・アマニ、ン・チューセン

Sharifah Amaniシャリファ・アマニ Sharifah Amani

女優、監督。ヤスミン・アフマド監督の『細い目』『グブラ』でオーキッド役を演じた他、ヤスミン作品に欠かせない存在。映画や舞台、テレビに出演する一方、自らも監督として『カンポン・バンサー』、『サンカル』などを製作。2006年、マレーシア最優秀女優賞を受賞。

Ng Choo Seongン・チューセン Ng Choo Seong

ヤスミン・アフマド監督の代表作、多国籍なマレーシアの人種や文化を横断した人気作品である切ない恋物語「細い目」でヒロインオーキッドと恋に落ちる中華系マレーシア人の少年,ジェイソン役をつとめる。